灯台守とわたし

生きることに絶望していた「わたし」は、気がつくと、不思議な島にたどり着いていた。そこは社会不適応者たちが住む島だった。
灯台守と暮らすことになった「わたし」は、島の平穏で穏やかな日々に癒されていく。
やがて正式な島民になるため、「わたし」は島の森に住む魔女に会いに行くことになったのだが……
24hポイント 0pt
小説 77,511 位 / 77,511件 ライト文芸 3,614 位 / 3,614件