喫茶の小説家

バイトを探していた紗菜はある喫茶店を見つけた。その喫茶店に惹き付けられるように店のドアを開けた。そこにはコーヒーの匂いが立ち込めている。コーヒーの甘い匂い、それから、ふんわりとした顔の店員。

「いらっしゃいませ」

その透き通る声で自然と足が動いた


紗菜はバイトをしながら小説家を目指す女の子。


ふんわりとした雰囲気を味わってください。
24hポイント 28pt
小説 12,187 位 / 79,536件 ライト文芸 260 位 / 3,659件