大魔導と闇の子

カヤリという少女は、8歳にして大魔導の力を顕現させる。
大魔導ハインツは、少女を妖剣テラの贄に選び、部下の炎使いヴィーに命じて、テラとの魔力結合に挑む。
ハインツとギラ騎士団の真の目的に気が付いたグラヴァ―ドは、部下の人形師トバース、闇エルフのセウェイらに命じ、カヤリの奪取とハインツの殲滅を命じるのである。
グラヴァ―ドとハインツ、二人の大魔導は、闇の子カヤリを挟んで睨み合う。
互いの掲げる正義はぶつかり合い、そして――。
24hポイント 0pt
小説 124,335 位 / 124,335件 ファンタジー 31,944 位 / 31,944件