連座する鈍色~祓霊師の自傷~

※完結済み※

2015年、日本は霊的な力場により閉鎖された。
日が暮れると現れ、人間を喰らう「霊威」。陸上自衛隊に設立された祓霊師(ASP)部隊は、それら「霊威」を撃破殲滅することを主目的とする。

陸上自衛隊第11旅団所属ASP隊隊員、一琉カイ曹長は、上官である伍條ツカサ一尉の指揮の下、連日連夜の霊威狩りに出向くのであった。その行為に大いなる意味があるとは知らぬままに。

-----------
一琉と伍條の凸凹♂♀コンビがあれこれ丁々発止します。
お約束のサービスシーンもあったり? なかったり?
大人の信頼関係、大人の距離感、そんなものを感じて頂ければ。
24hポイント 21pt
小説 19,145 位 / 124,489件 SF 221 位 / 3,559件