突然、性悪な義妹に突き落とされました。それでも婚約破棄の悪者は私らしいです。

 ベッドに横になりながら、私は昨日の出来事思い出す。

「私は悪くありませんわ。先に手を出してきたのはお姉様ですもの」

 倒れこむ私の横に立ち、彼女は高らかにそう言い放つ。彼女に心酔する周囲の人々は誰一人彼女を疑いはせず、皆一様に私に対して怪訝そうな表情を浮かべている。

「…どうせルフレに嫉妬して、手が出てしまったのでしょう?それでルフレが反撃したら、こうして被害者の振りをして…そんなことだからいつまでたってもルフレに及ばないのよ、あなたは…」

 階段から落とされたという事実にあっても、悪者は私らしい。それほどに悪女たるこの女に、皆酔っているのだ。男の心をつかむ魔女のような彼女の前に、誰も否定的な言葉を投げることはできないのだから。
24hポイント 71pt
小説 13,027 位 / 148,473件 恋愛 6,117 位 / 46,792件