王子様の神聖愛を受けたのは性悪な妹の方でしたが、それは妹を試すための嘘で、選ばれたのは私でした

「アレキサンダー王子、今後の計画についてお聞かせいただけますでしょうか」

「何度も言っている通り、僕とメアリーの二人で王室に入ることとしている。…姉のリリーナはすぐにでも追い出してしまって構わない。今まで何度も僕の方から助け舟を出してやっているというのに、いう事を聞かなかったのはあちらの方なんだから」

 名前を出すだけでもいらだちを隠せない様子なのは、一国を収める立場にあるアレキサンダー王子だ。彼はこうして、事あるごとに従者に当たってストレスを発散している。
24hポイント 120pt
小説 9,372 位 / 148,470件 恋愛 4,343 位 / 46,794件