「被追放者たちだけの新興勢力ハンパねぇ~手のひら返しは許さねぇ、ゴメンで済んだら俺たちはいねぇんだよ!~」のコンテンツを見ている人は他に…

 異世界に魔王討伐為に勇者として召喚された21名 だが自分だけがハズレ勇者性能で魔法もスキル無いハードモード 他の勇者達からは見下され、呼び出した異世界人にも相手にされない 異世界で生きて行くために、異世界の住人の知識が必要で奴隷買う 奴隷ラティの助けにより異世界になじみつつ、元の世界に戻る為に 馬鹿にされた相手を見返し仲間を集めて魔王に挑む成り上がり物語
24hポイント 5,739pt
小説 13 位 / 19,051件 ファンタジー 11 位 / 7,279件
勇者の息子・アースが、かつて父に敗れた大魔王の幽霊と出会う。父に比べてハズレ2世と周囲に思われていたアースだが、大魔王の暇つぶしの助言によって・・・
24hポイント 20,373pt
小説 1 位 / 19,051件 ファンタジー 1 位 / 7,279件
恋愛 連載中 長編 R15
オリジナル小説作品検索サイト。 投稿小説やモバイル表示小説も登録歓迎。 全年齢・非恋愛・ファンタジー・書籍化原作もご利用OK。
24hポイント 1,059pt
小説 58 位 / 19,051件 恋愛 10 位 / 4,990件
【富士見ファンタジア文庫から書籍版の刊行が決定しました!】 アルベイン王国に突如として現れた、千年に一度の才能を持つ『奇跡の子供たち』。彼らは十歳前後にして、並みの冒険者では何十年かけても到達できない冒険者強度十万越えを達成する才能の持ち主だった。魔王討伐隊を結成した彼らはたった5人でいともあっさり魔王を負かし、王国に平和を取り戻す。 彼らの中の五人目、最も器用貧乏なディック・シルバーは、魔王を討伐したあといかに目立たずに自分のやりたいことをやるかを考えた結果、魔王討伐の褒美として場末の酒場にしか見えないギルドハウスをもらい、欠番だった王国で12番目のギルドマスターの座に就任する。 自らが表舞台に立たずに最大の利益を得るため、彼が5年をかけて辿り着いた究極のスタイルとは、自分は動かずにあくまで相談役として酒場に常駐するというものだった。 今日もただの常連客と見せかけて、ギルドに併設された酒場のカウンターで飲んだくれるディックのもとに、婚約破棄を望む姫君が訪れる――。
24hポイント 7,470pt
小説 5 位 / 19,051件 ファンタジー 5 位 / 7,279件
恋愛 連載中 長編
フラグス編  婚約者の皇太子がいきなり真実の愛に目覚めたと言いそのために婚約破棄をしたいと言い出した。  けれどもそれを言われたフラグスはすぐさま皇帝陛下皇妃陛下に婚約の破棄はないことを確認し、真実の愛とやらがどのようなものなのか影に探らせるのであった。 アリア編  繰り上げで皇太子の婚約者になったアリア。  婚約者のコデックとの仲は良好だがそんな二人の間にメリッサという男爵令嬢が介入し始めてきて話がおかしくなってきた!? ※一日3回更新(8時・12時・23時) ※誤字が持病ですお薬の処方をお待ちしております。 ※小説家になろう・アルファポリスで掲載しております
24hポイント 48,650pt
小説 32 位 / 46,870件 恋愛 17 位 / 11,120件
文字数 97,157 最終更新日 2019.05.21 登録日 2019.04.12
【育成】に特化した俺(27歳)のスキルは、あるていど強くなった勇者パーティにはもう不要なようだった。初期のころはパーティの中心だった俺も、とうとう勇者から解雇を言い渡される。ただし、「これまでパーティに多大なる貢献をしてきた」ということで、退職金がわりに小さな【領地】をゆずり受けることになった。冒険の第一線を離れる寂しさを胸に領地へ向かう俺だったが、じっさいに7つの村と2500人あまりの領民たちを見てふと思った。俺がコイツら育成したら、魔王とか倒せるような強い領地にならねーかな?……と。
24hポイント 6,545pt
小説 8 位 / 19,051件 ファンタジー 6 位 / 7,279件
 魔法や魔物が存在する世界で農奴の子供として生まれた彼――レウルスには現代日本で生きた前世の記憶があった。  しかし、前世とは常識も環境も異なる世界では前世の知識もほとんど役に立たない。  劣悪な住居、過酷な労働、満足に得ることができない食事。  それでも前世の経験を頼りに生き延びたレウルスは十五歳になり、成人を迎え、奴隷として売り払われることとなった。  だが、奴隷として鉱山に運ばれる途中、魔物の襲撃に遭ったレウルスは辛くも逃げ出すことに成功する。  頼れる家族も友もおらず、住める家もなく、食べる物も金もない。それでも自由を手に入れることができたレウルスは、新たな世界での一歩を踏み出す。  そんなレウルスが辿り着いたのは、自身と大差ない境遇の者達が営む街――ラヴァル廃棄街。  前世の記憶を持つレウルスからすればスラム街としか思えないその街で、レウルスは冒険者として生活を始める。  レウルスが願うのは、ただ生きること。  二度目の人生を全うするために、世知辛い異世界での生活が始まるのだった。 ※転生した主人公による剣と魔法の異世界ファンタジーです。 ※あらすじの通り、割と厳しい世界観です。 ※主人公は最強ではありません。
24hポイント 11,919pt
小説 3 位 / 19,051件 ファンタジー 3 位 / 7,279件
ファンタジー 連載中 長編 R15
 魔獣によって両親と故郷を同時に失った少年トア・マクレイグは、幼馴染で片思いの相手であるエステルと共に、仇を討つため魔獣討伐を主な任務とするフェルネンド王国聖騎隊への入隊を目指す。十四歳となり、お互いトップクラスの成績で養成所を出たのだが、最後の適正職診断で明暗が分かれることになった。  大魔導士という将来の活躍が約束されたエステルに対し、トアの適性は「洋裁職人」という戦闘にまったく役立たない地味なもの。エステルが着実に英雄としての道を歩む一方で、なんとか彼女に追いつくため必死に修行を積むトア――だが、ある日エステルが大貴族の子息と婚約を発表する。  彼女の近くにいるべき存在は能無しの自分ではないと悟ったトアは聖騎隊を辞め、ひとりで新たな生活を始めるためフェルネンド王国をあとにした。  次の仕事を探す途中、ひょんなことから立ち寄ったのは終戦によって用済みとなった旧帝国の要塞。そこで、トアは自分に与えられた真の適正――《洋裁職人》ではなく、《要塞職人》に目覚めた。廃棄された要塞を立派に住居としてリフォームし、誰にも縛られない自給自足の快適なスローライフを始める……はずだったが、なぜか美少女エルフ(脳筋)だったり喋って動き回る甲冑だったり伝説のモフモフ狼少女だったり世界を救った英雄やその子どもたちだったりと、自分の意図しないところで要塞に住み着く仲間が増えていく。お人好しのトアは新しい住民たちを受け入れていたが、いつしかその要塞村は周辺国家から注目される存在になっていくのであった。
24hポイント 85,100pt
小説 10 位 / 46,870件 ファンタジー 3 位 / 15,666件
文字数 138,858 最終更新日 2019.05.21 登録日 2019.05.02
恋愛 連載中 長編
ある日突然に自分は悪役令嬢シャルロットだと気がついた。 その時、目の前には憧れていた乙女ゲームの王子クレア殿下がいた。 婚約者となったのだけど、殿下は私に「お前から話しかけるな虫酸が走る」と言われた。 何だ私って殿下に嫌われているんだ。 ガッカリ……
24hポイント 118,761pt
小説 3 位 / 46,870件 恋愛 3 位 / 11,120件
文字数 46,365 最終更新日 2019.05.20 登録日 2019.05.07
ファンタジー 連載中 長編 R15
将軍一家であり大貴族エストレヤ家の次男アシュトは、魔法適正『植物』というハズレ魔法師として実家から腫れ物扱いを受けていた。 兄のリュドガは『雷帝』、妹のシェリーは『氷姫』という魔法師として将来を期待され、肩身の狭い思いをするアシュト。そして将来を約束した幼馴染のミュディは、兄のリュドガの婚約者となってしまう。 疎まれ、蔑まれもしなかったアシュト。たが、アシュトはもう実家にいることはできなかった。 父に家を出たいと言うアシュト。アシュトは父から廃れた領地『オーベルシュタイン』を餞別代わりと貰い受ける。 そこは、領地とは名ばかりの森。 アシュトは疲れたように笑って言った。 「はは······まぁ、のんびり過ごそう」   これは、フラレて傷心のアシュトが、森の中で生きる生活。 植物魔法を駆使し、森の中で出会ったワケありエルフやドワーフたちと共に過ごすのんびりスローライフ。
24hポイント 99,447pt
小説 7 位 / 46,870件 ファンタジー 2 位 / 15,666件
文字数 366,624 最終更新日 2019.05.21 登録日 2019.03.09