もしもあなたが運命ならば……

娼館で下働きをしていた身寄りのない少年テオは、ひょんなことから国いちばんの富豪として知られるラング家の嫡男、クロードに引き取られ、使用人として働くこととなった。
娼館では、希少種であるオメガ性が稼ぎ頭として持て囃されていたが、テオは十歳のときの性別判定でふるい落とされ、館主からは期待外れの厄介者と見做されていた。

自分に存在価値を見いだせないまま、狭い世界で身を潜めて生きてきた少年は、クロードにあらたな居場所を与えられ、花開くように伸びやかに成長していく。
それと同時に募る、主人への思慕……

そんなあるとき、テオの身体に変調が訪れ――
24hポイント 418pt
小説 4,071 位 / 140,816件 BL 867 位 / 15,961件