レモンウォーター

 思わず膝を抱えて、泣いてしまった。
 ベンチにこもって泣くなんて、情けないとは思う。
 県大会の予選で転倒してしまったぐらいで、たそがれてしまうなんて。

 そんな時、ピタリと冷たいものが腕に当たった。
 顔をあげると山崎君がいた。

「おまえの分も僕が走るから、泣くな」


 スポーツ飲料のCMのイメージを目指したアオハル
 別サイトにも同時掲載
24hポイント 0pt
小説 124,630 位 / 124,630件 青春 4,784 位 / 4,784件