ほのかの、のほほん茶屋日和

 あなたの悩みはなんですか。
 とある町の、とあるお茶屋さん。これは、そこの看板娘のほのかと、そこを訪れるお客さんとのお話。
「いらっしゃいませ」そう言って、あなたを出迎えてくれます。
「ほのかはね、あなたのおたすけになりたいの」
24hポイント 0pt
小説 60,455 位 / 60,455件 キャラ文芸 1,576 位 / 1,576件