星が流れて墜ちる夜

そこはどこかの星。

町が大きな盛り上がり見せる23年に一度の星の祭りの日。
町の人々は、町で一番の祭りに胸を躍らせていました。

この世のものとは思えない程綺麗な流れ星の大群の中に、とてもゆっくりと流れる星を見つけたのは、町に住む一人の少年でした。

その星は、ゆっくりと、確実に墜ちてきたのでした…。

たくさんの流れ星の中から一つだけ墜ちてきた星。
その星の近くにいた不思議な少年と、町に住んでいた一人の少年。そして愉快な仲間たちとの物語。


※この作品は小説家になろうでも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 95,915 位 / 95,915件 児童書・童話 1,841 位 / 1,841件