幼馴染に告白したいのに、金髪美少女(子持ち)が全力で迫ってくる

幼馴染の明日香の事が好きな僕――川村優斗が長年の想いを伝えようとした所で、見ず知らずの金髪母娘に突然抱きつかれた。

「パパー! だっこー!」
いやいや、僕はまだ大学生だし、結婚なんてしてないから。
「優ちゃん。ウチ、二人目は男の子がいいなっ!」
服っ! 何でも良いから服を着てっ!

明日香と一緒に居る時に、突如現れた金髪母娘。
全く身に覚えがないのに、いきなり僕の妻と娘だなんて。そんなの、ありえない。
しかも濡れ衣なのに、保育士を目指す妹の言葉で家に居候させる事になって……金髪美少女が昼夜を問わず迫ってくるっ!
24hポイント 21pt
小説 12,662 位 / 60,573件 ファンタジー 2,950 位 / 19,406件