嘘と裏切り

 彼は、僕にこんな感じで話を切り出した。

「彼女は僕を好きでいてくれるし、僕も彼女を愛している」

 彼には家庭がある。
 その事実を、彼女には告げているという。裏切りが成立してからの恋。

 彼と彼女の関係は、不誠実な事実の上に成り立っている。

 彼女はその事実から目を背け続けていた。
 彼は、そんな彼女を知りながら、来ることがない未来を彼女に聞かせていた。

 彼女は、彼を信じていると言っていた
 彼は、彼女に信じてくれと言っていた

 彼女はそんな彼を愛した。
 彼は不誠実に彼女を愛していると言った。

 僕は、彼も彼女も理解する事ができなかった。
 だれにも話していない僕だけが知っている物語。

24hポイント 0pt
小説 58,964 位 / 58,964件 恋愛 14,210 位 / 14,210件