無責任だと言われても身軽なうちに逃げ出します!

「スターシャ、お前との婚約を破棄する!」
卒業式も終わり、パーティー会場へと移ろうかという時に、ソギア王子は婚約破棄を宣言した。身内だけ集まった場ならいざ知らず、学園の講堂には多くの生徒や保護者達が残っている。祝いの場でなぜそんな辛気くさい話をしなければならないのか。
「理由をお聞かせ願えますか?」
今ならまだ間に合いますよ。周りをよく見てください、との意味を込めた言葉はスルーされ、王子は婚約破棄理由として非常にマズイ言葉を並べた。馬鹿だとは思っていたが、ここまでとは思わなかった。今回はさすがにフォローのしようがないので、婚約破棄書類にサインしてささっと逃げることにした。
24hポイント 42pt
小説 15,960 位 / 128,126件 恋愛 7,455 位 / 38,090件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約破棄を謝っても、許す気はありません

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:58881pt お気に入り:1599

婚約破棄された悪役令嬢が実は本物の聖女でした。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:13682pt お気に入り:2244

不死王はスローライフを希望します

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:32248pt お気に入り:10713

婚約者様の前からお父様の所に帰ろうと思います。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:106pt お気に入り:28