婚約破棄を言い渡されるも、まず婚約していません

「冒険者と婚約したのは間違いだった! ローナ、お前との婚約を破棄する!!」

 いきなりジウーラ国の王子ラグノアが私に婚約破棄を宣言するも、そもそも婚約していない。

 依頼で護衛を数カ月していただけで、どうやら婚約していると噂になっていたらしい。

 正気なのかラグノア殿下はそれを信じ込み、婚約を破棄して別の女性と婚約すると宣言した。

 そして原因が全て私のせいだと言い出し、私はジウーラ国を追い出されることとなる。

 私としては弟子のリオンに婚約者だったと嘘でも知られたくなかったから、これでいいと思っていた。

 今回の件を冒険者ギルドに報告するとジウーラ国に対して激怒し、対応を変えるらしい。

 その結果ジウーラ国は滅びそうになり、私に謝罪したいらしいけど――私は関わりたくもなかった。
24hポイント 87,068pt
小説 17 位 / 79,458件 恋愛 14 位 / 21,085件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約破棄?何を言ってるの?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:18211pt お気に入り:3755

黒猫のミーコ

キャラ文芸 / 連載中 24h.ポイント:1618pt お気に入り:8