結界魔法しか使えない聖女はいらないと言われたから、賢者と一緒に魔界で暮らします

未開の地である魔界を探索できる勇者パーティの聖女マーシアは、結界魔法しか使えないため雑用を押しつけられていた。
私は結界魔法しか使えないから仕方がないと割り切っているも、勇者ラークは新しい聖女を仲間にする。
結界魔法しか使えない聖女はいらないと言われた私は、パーティを抜けることを決意した。
唯一パーティで優しかった賢者アルフにそのことを話すと、一緒に魔界へ移住しないかと話を持ちかけてくる。
私が使う結界魔法は特別なようで、私はアルフと共に魔界に行くことに決めた。
それから勇者達は私が使っていた結界魔法の凄さを知ったみたいだけど、パーティを抜けた私には関係ありません。
24hポイント 15,216pt
小説 147 位 / 77,236件 恋愛 94 位 / 20,394件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約破棄ですか。別に構いませんよ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:79650pt お気に入り:6898

真の聖女である私は追放されました。だからこの国はもう終わりです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:53244pt お気に入り:5148

三度目の正直

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:10060pt お気に入り:2018

断罪された悪役令嬢は頑張るよりも逃げ出したい

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:121365pt お気に入り:5215