月夜に雪華は散る

ある吹雪の夜に女は現れる。雪と共にある袈裟は長年、この世をさまよい歩く悲しい魂であった。そんな女のもとに一人の若者が現れた。名を貞吉という。二人はうたかたの逢瀬を果たすが。
24hポイント 21pt
小説 17,682 位 / 91,958件 歴史・時代 161 位 / 1,066件