花橘の君


長年、片想いでいた梶原百合子は二十一歳である。ニート状態ではあるが彼女の想う相手は兄の友人で手の届かない相手だった。その彼こと公憲をある日、友人に紹介してほしいと頼まれる。断ろうか悩みながらも引き受けた百合子だった。
24hポイント 0pt
小説 80,084 位 / 80,084件 恋愛 21,302 位 / 21,302件