猫のセレナと黒の公爵

フォルド王国の候爵令嬢として生まれたセレスティア。だが、彼女は10歳の時にある悪い魔法使いの呪いにより猫の姿に。それから5年もの間、セレスティアは猫として生活する事を余儀なくされた。
彼女が15歳の年に転機が訪れる。兄であるスティーブの知り合いであるヒルティ公爵という男性が解呪の方法を知っているという。だが、彼は無類の猫好きでもあった。追いかけ回される日々を送る事になったセレスティアだったが……?
(「転生したら王子様だった。が、推しキャラの悪役令嬢を救いたいので婚約解消に持ち込みたい……」と舞台、時間軸は同じです。本編を読んでいなくても大丈夫にはなっています。)
24hポイント 7pt
小説 24,366 位 / 95,961件 恋愛 10,040 位 / 26,432件