空気になった女性

篠村寧々は22歳のフリーターだ。近所の幼なじみの伊東 康介とは腐れ縁もいいところだった。
ある日、康介が作ったという奇妙な薬のせいで透明人間になってしまう。康介は自称を天才科学者だと言っていたが。
寧々は哀れにも実験台になってしまった。今後、寧々はどうするどうなる?!
24hポイント 21pt
小説 16,184 位 / 91,556件 SF 173 位 / 2,812件