鈴蘭を君に

クリスマスの日の夕暮れ時。優弥は彼女である小百合にプレゼントを贈ろうと考えて花屋にいた。
店員さんに今の時期に良い花はないかと訊いたら。一輪の鈴蘭を勧められる。それを花束にしてもらい、小百合の住むアパートに赴いた優弥だったが--?
24hポイント 0pt
小説 100,340 位 / 100,340件 恋愛 28,053 位 / 28,053件