とある戦車兵達の前哨戦

ある世界では『科学』が発展した。

科学とは、物事を客観的・普遍的・合理的にとらまえる学問体系のことだ。

その世界では科学のおかげで、機械製品が生み出され、様々なその世界に存在するものに役立つものが次々と生み出されていった。

それならまだ、よかった。

その世界に存在する者達は、とても欲深すぎたのだ。

自国の領土を広げるために常に争ってきた。

戦いは自国の持てる技術を使って武器を開発する。

つまり、科学技術を使って武器を開発するとゆうことだ。

この世界の科学で開発された武器などは非常に強力なものになった。

この物語は、その開発された兵器に乗った兵士達のひとつの人生のようなものである。









※この物語はフィクションです
・不定期投稿
24hポイント 0pt
小説 64,158 位 / 64,158件 歴史・時代 758 位 / 758件