雪だるまの恩返し

大人になる前の冬。
墓参りとして、僕は空き地に向日葵の花を置いてきた。

その後日。
花を抱えた少年が僕の前に現れた。

「僕はあの日、空き地にいた雪だるまです。あなたに恩返しをしに来ました」

雪だるまを名乗る少年と子供だった僕が過ごした、ある冬の話。
24hポイント 0pt
小説 57,179 位 / 57,179件 ライト文芸 2,340 位 / 2,340件