ネガ君とポジさん

なんでも後ろ向きに捉えるネガ君こと音賀と細かい事は気にせず今を楽しくいきるポジさんこと星野さんのなんとも言えない恋物語

星野さんが好きだけど自分に自身のない音賀君、それを頑張って星野さんが告らせようと努力する
「早く私に告れよ音賀!」
「高嶺の花の星野と付き合うなんて俺にはもったいない…」
客観的に見てもお似合いの2人が付き合う時は来るのだろうか…
24hポイント 0pt
小説 99,584 位 / 99,584件 恋愛 27,713 位 / 27,713件