姉の振りをしてゴブリンと結婚するはずが、本当のお相手は金髪碧眼のエルフでした

エリグラ伯爵家の次女サリサは、生まれつき闇魔法しか使うことができない。
そのせいで両親からは水属性の魔法の使い手である姉のテレーゼと比較され、姉からは密かに虐待され続けていた。
そんなある日、サリサは闇妖精とのハーフであるゴブリンのヴィクターと結婚することになる。ゴブリンは高い魔力を有しており、この国に結界を張って守ることを役割としているのだが、醜悪な容姿をしているとされる。
相手はテレーゼを指定したのだが、テレーゼはそれを拒否。顔だけはよく似ているサリサが身代わりに選ばれてしまう。
サリサは全てを諦め、結婚相手が住むという森に向かうが……。
24hポイント 631pt
小説 2,425 位 / 140,010件 恋愛 1,211 位 / 43,273件