勇者パーティの雑用係だけどぼっちになるだけで隠密スキルに経験値が入るのでいつの間にか勇者を超える最強の密偵になっていた

 勇者パーティの荷運びとして雑用を引き受けていたレインは、魔王討伐の功績と、彼の幼馴染であるセレナを独占しようと企む勇者とその仲間達に殺され掛けてしまう。

 しかし、彼は奇跡的に一命を取り留める。

 実は、幼い頃から友達も作らずひっそりと生きてきたレインは、人との関わりを避け、無視される度に、自身の隠密スキルを成長させていたのだ。
 そうしてぼっちを極めることで強化された隠密スキルで、彼は急死に一生を得たのだ。

 そして、勇者パーティにおいても荷運びの裏で暗殺、狙撃、スリ、鍵開け、偵察など様々な密偵活動を行い、密かに支え続けていたというのに、そんなことも知らずに彼を死に追いやろうとした勇者パーティに、レインは復讐することを誓う。

 これはぼっちを極めるあまり、スニークスキルまで極めてしまった男の成り上がりの物語である。
24hポイント 35pt
小説 16,211 位 / 120,731件 ファンタジー 3,113 位 / 31,439件