死音

私自身の周りで起こった現実を日記のような小説のような形で、書かせていただきました。
命の大切さ、感謝の気持ちなど、個人的に感じた気持ちを同じような境遇またはそういった本が好きな方に読んでいただけたらなと思います。
この小説は執筆一作目で拙い表現、まとまりのない文章となっておりますが読んでいただけたら幸いです。
24hポイント 0pt
小説 101,735 位 / 101,735件 エッセイ・ノンフィクション 3,628 位 / 3,628件