水面ノ灯火

鏡水月―――
水面に映る月鏡 揺れる水鏡 幻の月
儚く 映し世の鏡は消えて溶け 言霊を濡らす

今宵 静寂の玉響 追憶を食む―――

開かずの幣殿で見つかった不思議な掛け軸。
それは彼らを、太古より続く負の連鎖へ誘う……。

誰も覚えていない姉の記憶に苛まれる者。
誰も覚えていない最愛の人の為に、神に宣戦布告する者。

解けない謎に取り込まれた彼らは、少女に記憶を食べられる……。
24hポイント 0pt
小説 95,869 位 / 95,869件 ミステリー 2,296 位 / 2,296件