運命とは愛と武力で叩き壊すもの

記憶をなくし娼館の小間使いをするルナリアには記憶がない。
ある日ルナリアは路地裏で倒れていた男を拾う。彼はゼフィラス・ユスラハ。ルナリアから家族を奪った『灰の夜』の一員。ルナリアは思い出す、自分はルナリア・シュタイン。
公爵家の一人娘だった。

儚い見た目の脳筋お嬢様が時間を巻き戻してなんとか幸せになろうと奮闘する話です。
24hポイント 191pt
小説 4,484 位 / 79,601件 恋愛 1,920 位 / 21,161件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

(仮)君は、それを信じない

恋愛 / 完結 24h.ポイント:92pt お気に入り:14