夜の街のオネエサマに憑依されている私は乙女ゲームの当て馬ちゃんと呼ばれています

「あんたは『灰かぶりと王子様』っていうゲームの、当て馬ちゃんなのよ!」

突然私の脳内に、野太い男性の声が響いた。
彼だか彼女だかわからないけれど、ともかくその声の主は「乙女ゲームプレイヤー」で、シンジュクで働いている「シゲミ・マリアンヌ」だという。
それはともかく、今は私は婚約者である第一王子殿下レオン・クロイツベルト様を、コゼットとかいう庶民の女に奪われそうになっている。
「馬鹿ねぇ、アリスちゃん。男なんてねぇ、星の数ほどいるのよ」
ちょっと黙っていて、マリアンヌ。いちいち人の頭の中で、恋愛について語らないで頂戴。

乙女ゲームの当て馬令嬢アリスベル・レミニスが、脳内で騒ぐマリアンヌちゃんと苦難を乗り越えながら幸せになる話です。
24hポイント 106pt
小説 8,594 位 / 121,605件 恋愛 3,682 位 / 34,113件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

公爵様は幼馴染に夢中のようですので別れましょう

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:1663pt お気に入り:4641

転生王女は現代知識で無双する

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:38213pt お気に入り:4214

断罪された悪役令嬢は頑張るよりも逃げ出したい

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:312pt お気に入り:5237

転生先の物語と役割がわかりません!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:702pt お気に入り:322

何か勘違いをしてる婚約者の幼馴染から、婚約解消を言い渡されました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:177105pt お気に入り:12580