ネモフィラの瞳

藤堂 飛鳥は生れながらゲイだった。
高校一年生の時、SNSを通して知り合った男性と初めてセックスをした。その関係は三年間続き、「男子高校生」でなくなった飛鳥は呆気なく捨てられた。
身体だけの関係と思っていた飛鳥の心に、未だ住み着く初体験の相手。飛鳥は彼を忘れる様に、毎夜違う男と寝続けた。
そんなある日、飛鳥は千鶴という一人の女性と出会った。
ゲイである飛鳥に、千鶴は毎週水曜日の夜だけ自分の家で一緒にご飯を食べて欲しいと話を持ちかけてきた。
彼女の意図は何なのか、ゲイの飛鳥と変わり者の千鶴の少し変わった日常生活が始まる。


※男同士(ボーイズラブ)のセックスにかかるやり取りがあるので苦手な方はご注意下さい。
※あからさまな性的表現がありますので、18歳未満の方の閲覧はお控え下さい。
※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実物のものとは関係ありません。

なお、ムーンライトノベルズ様で先行して小説を投稿しております。アルファポリス様では同タイトルの小説を纏めてあげておりますので、予めご了承ください。
24hポイント 7pt
小説 15,754 位 / 63,459件 BL 2,757 位 / 5,497件