【ゆっくりノベル】砂上の懸壁 ~夢か現かオイラトか~

【果たして、敵はいつ来るのだろうか……】


清代末期の中国

新兵である李 崇煥は国境警備のために西部の砂漠地帯へと向かう。

何もない砂漠の城塞で、2人の兵士が先に警備をしていた。

彼らは『オイラト』の来襲を警戒してるという。

果たして、敵はいつ来るのだろうか……。


――――――――――――
※この作品は
・ハーメルン
・アルファポリス
・ノベルアップ+
・NOVEL DAYS
で掲載されております。
24hポイント 0pt
小説 105,677 位 / 105,677件 キャラ文芸 2,625 位 / 2,625件