夜中に来たサンタは父親かと思ったら女の子でした。

とある年のクリスマスの晩。聖なる夜での家族水入らずのちょっとしたクリスマスパーティ。
パーティと言っても大した事は無く
ただクリスマスツリーを飾り。
ただ買ってきたケーキやチキンを食べ。
ただクリスマスに関する話を家族皆で話すだけ。
「サンタさんに何を頼むんだ?」とか
「ちゃんと夜に寝ないとプレゼントは来ないぞ」とか。
幼稚園や小学生ならまだしも、もう自分は中学生だ。サンタクロースがいない事はもちろん、毎年ツリーの下にこっそり父親がプレゼントを置いているのも知っている。
そろそろいい加減にして欲しいと思った『蝶平 凡汰郎』は夜中に寝たフリをして、プレゼントを置くため部屋に入ってくるであろうサンタ(父親)を現行犯でとっ捕まえてサンタがいない事を証明しようとするが、その年の夜は少し違った?
24hポイント 0pt
小説 63,502 位 / 63,502件 キャラ文芸 1,901 位 / 1,901件