王宮錬金術師の私は、隣国の王子に拾われる ~調理魔導具でもふもふおいしい時短レシピ~

「君のためなんだ」

 直属の上司はそう言って、カトレアが提案したアイディアを横取りしていた。
 パワハラに耐えかねたカトレアは、初めて上司に反論したことによって、ついには王宮から解雇される。

 組織や上司のしがらみから解放され、自由に生きようと決めたカトレア。
 そんな彼女の前に現れたのは、隣国の王子シャヒルだった。王子という身分でありながら、プロ顔負けの料理人でもある彼は、カトレアが作った自作の魔導具を見て感動し、自分の国に来てほしいとスカウトする。
 一方、カトレアが去った後、王宮では大問題が起こっていた……。
 
 自動的にお米を炊ける魔導炊飯釜、水と空気を逃がさない不思議な布、ケーキ作りが楽になる魔導攪拌器。やがて大好きな魔導具開発を思いっきりやれて幸せなカトレアの魔導具と、それを使いこなし最高の時短レシピを作るシャヒルの料理は、いずれ世界が驚嘆することに。

 時短で余った時間は、甘々ともふもふに? 作って、おいしい異世界時短レシピの開幕。
24hポイント 3,280pt
小説 561 位 / 148,840件 恋愛 267 位 / 46,834件