えっ私って悪役令嬢なんですか?

今日からこの国の名門学園に幼馴染のリオンと入学するロメリアこと私。リオンと共に校門をくぐった。そのとき、リオンはポロリと言った。さも当たり前のように。

「俺、前世の記憶を持ってんだ。実はさ、ロメは悪役令嬢なんだ。」

と。私は思わず、目を丸くする。
……リオン、何を言っているの?


リオンは一生懸命に説明してくれる。

リオン曰く、ここは乙女ゲームの世界らしい。そして、私は悪役令嬢みたいだ。

「それでさ、このままだとロメ。断罪される。」

「えぇ!? 私が? え、えっ何で?」

前世の記憶があると言われただけでも驚いたのに、何故私が断罪されないといけないの?
どうやら、私はこのままだと断罪されるらしい。
其処で、私達は決意する。

私の断罪ルートを回避しよう、と。

こうして、私とリオンは私の断罪ルートを回避するために戦うのであった。


この作品はエブリスタ様にも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 99,898 位 / 99,898件 ファンタジー 26,874 位 / 26,874件