高貴な聖女が現れたので、孤児上がりの聖女はいらなくなりました?

 聖女として長年国に仕えてきたエミリア。王太子の婚約者で、王太子妃になるのも間近だった。
 だが半年ほど前に新しい聖女が現れた。孤児院育ちのエミリアとは違う、由緒正しき生まれで、初代聖女と同じ癒しの力を持つ聖女が。

 婚約者を変えたほうがいいのでは――そんな声が聞こえるようになってはいたが、それでも婚約者がエミリアを心の底から大切にしてくれていれば気にしなかっただろう。

 だがそうではないことを、エミリアは知っていた。

「エミリアは今日も可愛いね」
「エミリアが聖女で本当によかったよ」

 優しい婚約者の言葉。それが嘘だということに気づいていたから。
 嘘をつくと黒いもやが見える――それが、エミリアの聖女の力だった。

 そしてある日、エミリアは楽しそうに笑い合う婚約者と高貴な聖女の姿を見てしまう。
 心の底から楽しそうな、黒いもやがいっさいない婚約者の姿に、エミリアはある決心をした。
24hポイント 3,308pt
小説 595 位 / 99,903件 恋愛 340 位 / 27,882件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

妹に全てを奪われた令嬢、聖女に目覚めて幸せになる。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:4991pt お気に入り:7329

俺の親友がモテ過ぎて困る

BL / 完結 24h.ポイント:149pt お気に入り:735

恨み辛みを吐き出していたら、神様に求婚されました

恋愛 / 完結 24h.ポイント:45298pt お気に入り:1152