離縁された女家庭教師は、勤め先の辺境伯に溺愛される〜「ずっと貴方を幸せにしたかった。」愛の言葉は孤独な令嬢の心を溶かす

父親の急逝により愛人持ちの伯爵に嫁いで5年。クロエは白い結婚のままの夫に朝食ついでに離婚を切り出される。幼くして嫁いだ辛苦の日々は、代わりにクロエに貴婦人としての教養を身につけさせていた。執事の提案により実父旧知のスノパルド辺境伯の元に身を寄せ、養子の子供たちの女家庭教師として働くことに。あくまで仕事として働くクロエだったが、辺境伯はクロエを一人の女性として、紳士的且つ熱心に愛してくるのだったーー
24hポイント 284pt
小説 5,214 位 / 148,179件 恋愛 2,553 位 / 46,657件