颱風の夜の神さまとわたし

激しい颱風の夜、一人暮らしのわたしは雨戸が閉められずに難儀していました。そこに現れたのが、我が家の屋敷神なのです。怖いのに……散々、大人から脅されたのに。わたしこの神さまが嫌いじゃないんです。
24hポイント 0pt
小説 73,407 位 / 73,407件 恋愛 18,970 位 / 18,970件