遠藤さくら 『ああ!?やかましいわ!!ボンクラ!!』

 イライラしているところに、ムカつく奴が現れるとぶん殴りたくなる。


 おかげさまで、奴の女を犯してしまったが、死体となっては何も出来まい。


 女を処刑して、血塗れな体に、鉈を振り下ろす。


 血飛沫が飛び散りながら、俺様の顔に飛び散った。


 埋立地に死体を埋めると、次の獲物へと飛び掛る。


 こうなると理性が利かない。


 病院へ行くたびに女を殺害していては、ムカつくがいずれは刑務所だろう。


 いや、死刑台に上るの近かろう。しかし、最後に笑うのは俺だと思う。


 そう思いながら、チーズ棒の先っぽをぺろりと舐めた。


 街中で絡む輩はヤクザだろうがなんだろうがぶちのめして来た。


 その度に、死ぬかと思うほどの恐怖を味わうのだが、いまの俺様を止める事は出来ない。


 死体になっても、怨念となって殺害してやるよ!!


 そう思いながら、焼けのやんぱちで暴れた日々が懐かしく思えた。




 遠藤さくら
24hポイント 0pt
小説 143,689 位 / 143,689件 現代文学 6,284 位 / 6,284件