聖女はいらないと国を追放された私を隣国の王子が大急ぎで迎えに来ました

「聖女であるお前はもう必要ない!」

 そういわれて追放された私はショックで前世の記憶を思い出す。
 前世の記憶を駆使してどうにか生きていこうと決意した私の元に現れたのは隣国の超イケメン王子!?
 
 どうか!我が国に力を貸してくれ?
 はい!勿論です!

 王様の病気を治したり、魔物が攻めてきたのを防いだり!
 色々活躍しまくって小国だった国は大発展することになる。

 一方、私を追放した大国スウェンディは私が祈りを捧げていないことにより竜や魔人、凶悪な魔物たちが攻めてきて大打撃をくらい、破滅への道を辿っていた。

―――

 総合ランキング1位&恋愛ランキング1位を達成できました。
 これもすべて読者様のお陰です。
 ありがとうございます!
24hポイント 7,916pt
小説 248 位 / 79,607件 恋愛 136 位 / 21,163件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約破棄を言い渡されるも、まず婚約していません

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:74824pt お気に入り:4576

婚約破棄?何を言ってるの?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:8718pt お気に入り:3767

殿下、あなたが捨てた女が本物の聖女です

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:20023pt お気に入り:8264