10歳で記憶喪失になったけど、チート従魔たちと異世界ライフを楽しみます(アルファポリス版)

10歳・小学4年生の咲耶は家族とのキャンプ旅行で就寝中、豪雨の影響で発生した土石流に巻き込まれてしまう。

意識が浮上して目覚めると、そこは森の中。

彼女は10歳前後の見知らぬ少女となっており、その子の記憶を喪失していたことで、自分が異世界に転生していることにも気づかず、何故深い森の中にいるのかもわからないまま途方に暮れてしまう。

そんな状況の中、森で冒険者ベイツと霊鳥ルウリと出会ったことで、彼女は徐々に自分の置かれている状況を把握していく。持ち前の明るくてのほほんとしたマイペースな性格もあって、咲耶は徐々に異世界にも慣れていくのだが、そんな彼女に転機が訪れる。それ以降、これまで不明だった自身の力も解放され、彼女は様々な人々やモフモフな魔物たちと出会い、経験を積んでいき、人々から愛される存在となっていく。

これは、ちょっぴり天然な《咲耶》とチート従魔たちとのまったり異世界物語。

⭐︎⭐︎⭐︎

皆様のおかげで、HOTランキング1位(2022/1/3時点)を獲得できました。
誠にありがとうございます(^ ^)
24hポイント 660pt
小説 2,189 位 / 144,491件 ファンタジー 484 位 / 34,714件