永遠ノ錬金術師〜Eternal alchemist〜

『俺は…もう存在しないのか…そんな運命俺は認めない…』

平凡な高校生活を送っていた主人公 鍛治 研 は、ある日友人と学校に登校しているとふっとある物が目に止まるブロックの塀に変な落書きがされていることに気づくそれは、友人には見えていなかった。

教えようとして魔法陣に指を指した時指は、魔法陣に触れると落書きは、光を帯一瞬のうちに意識が飛ぶ…目を覚ますとそこは本棚で囲まれ様々な数学の時計が掛けられていた異空間にいた。

頭が混乱していると謎の黒いワンピースを着た女性が立っていた。そしてこの場所を『時空(とき)の館』と言い
謎の女性は、マリアと名乗り鍛治 研の事を『主』と呼び

なぜこの空間に呼ばれたのか…

なぜ鍛治 研が必要とされたのか…

そして鍛治 研は現実世界で存在が消されてしまう運命を知り…
24hポイント 0pt
小説 91,610 位 / 91,610件 ファンタジー 25,589 位 / 25,589件