武神と呼ばれそこねた男のセカンドステージ

天保三年、一人の男が静かに息を引き取った。
小さな庵の中、その激しい生きざまとは裏腹に、穏やかな死に顔であった。
意識が暗転し、そのまま無に帰すかと思われたが、再び何かに導かれるように目を覚ますのであった。
24hポイント 0pt
小説 66,148 位 / 66,148件 ファンタジー 20,331 位 / 20,331件