溶けそうなアイスクリーム

夏休み。
溶けてしまいそうなほどアツいのに、
俺の部屋にはエアコンがない。
アイスを食べながら
全開にした窓に立った。

目の前に見えたのは、隣の家の窓。
そこには、見知らぬ女の子がいた。

「こんな子、いたっけ?」

彼女は、窓を全開にして
絵を描いていた。

俺は、それを、ぼんやり眺めていた。
24hポイント 0pt
小説 148,860 位 / 148,860件 恋愛 46,932 位 / 46,932件