恋の憑き物

この作品は”君のイタコになりたい”の修正版です。

春馬 一之 (はるまかずゆき)は他人が嫌いである。人の言葉には常に偽善が覆いかぶさり、ウソを吐く。
本心では思ってもいないことを他者からの評価を上げるために堂々と言う・・・彼はそんな人間が嫌いだった。
いうなれば、ほぼすべての人が嫌いだった。

父親が死に急にちやほやされるクラスメイト。教室には偽善の言葉があふれていた。
それでも夏坂 由記 (なつさかゆき)は嫌な顔、一つせずに笑顔を浮かべていた。
彼の中でそれは異様な光景だった。精神的に疲れ切っている彼女がそんな対応をする姿に違和感を覚えた。
人に興味をもつのはいつぶりだろう?

気になった僕の心が偽りだとしても、それは本物になりうるのだろう。
24hポイント 7pt
小説 17,099 位 / 53,508件 恋愛 5,413 位 / 12,671件