孤高の君へ

僕の子供の努(つとむ)には友達と呼べるものがいない。
「人は一人の方が行動しやすい」というのが口癖の少しませた子供。
人との会話が下手なわけではない。むしろ、話しかけられるとしっかりと対応をする。
でも、自分からは話しかけない。
本を読むのが常で、いつも一人。
そんな彼に僕は自分の昔を重ねていた。

24hポイント 0pt
小説 53,451 位 / 53,451件 ライト文芸 2,292 位 / 2,292件