九頭龍風香と妖異な問題

ハーフの少年、譲治の日常は友人の怪死によって、非日常へと変わった。

「君にサプライズがあるんだ」

そう語る電話を受けながら、自室に戻ると、そこで待っていたのは電話の主でも、プレゼントでもない。

──首から上のない少女の死体だった。

そして、"出題"と称して行われる不可解な事件を止めなければ、学園の生徒が消えていくという。

しかし、その"解答"には奇妙な制限が付いていた。

『この事件を起こしたのは、人間なのか、それとも「人ならざるもの」──"妖異"の仕業なのか答えよ』というものだった。

これは、不可解な事件と謎から、日常を取り戻す為に、"推理問題"に挑む、少年少女の物語。
24hポイント 0pt
小説 74,133 位 / 74,133件 キャラ文芸 1,855 位 / 1,855件