江戸消失

宝永元年、江戸が消えた――

ある日突然、半径30㎞、高さ1500mにも及ぶ巨大な「雲」が、江戸を包んだ。

沈黙した幕府に、天下は混乱する。諸藩の思惑、朝廷の陰謀、そして暗躍する柳生忍軍。
錯綜する情勢の中、後の八代将軍・吉宗こと、松平新之助は東海道を江戸へ向かう。


新之助を江戸で待ち受けるものはなにか?
江戸を失った日本《ひのもと》はどんな運命をたどるのか?
そして、次期将軍は誰の手に――


長編歴史伝奇SFエンタテインメント、開幕!

--------
ノベルデイズ側で先行執筆中のものを転載しています。

たまに更新滞るかもしれませんがどうぞよろしくお願いいたします……!
24hポイント 0pt
小説 124,422 位 / 124,422件 歴史・時代 1,408 位 / 1,408件