先生、僕を噛んで【BL短編】

ベータであるはずの千裕は、とあるきっかけでオメガのヒートと似た状態に陥ってしまう。
保健室のベッドに横たわる千裕のもとにやってきた、保健医であり従兄弟の篤也は、ヒートのフェロモンに当てられてしまい──。

※この作品は小説家になろうにも掲載しています
24hポイント 7pt
小説 33,983 位 / 144,441件 BL 7,432 位 / 16,476件