私の婚約者の番が妹でした。

初めて妹のアイラと、婚約者ウォルフが顔を合わせた場に立ち会った瞬間。
メリルは嫌な予感がした。

その予感は見事に的中する。

「お前は、私の番に暴力を奮ったそうだな?」

メリルの返事を待たずして、ウォルフは彼女を床に殴りつける。
手のつけられない子供の癇癪のように、彼女に暴力を奮い続けた。
そして、彼女をようやく解放すると。


「お前は侯爵夫人になる女性に暴力を奮ったのだ。犯罪者として裁かれて当然だろう?私は裁判に持ち込まないで自分の手で裁いてやっただけだ」

「ウォルフ様。お優しいのね。コイツもきっと感謝してると思うわ。それに、裁判なんて家の恥よ。早く捨ててくれれば全て解決するわ。そうね、豚舎に捨てれば全て食べてくれるから安心よ」

ウォルフとアイラはそう言って、彼女を屋敷から追い出した。

メリルは自分の命の灯火が消える事を感じながら街を彷徨う。
そこで、ある人物に保護される。


完結まで書き切りました

現在、非公開にして修正中です

表紙は安さんが描いてくださいました(*≧∀≦*)

ありがとうございます
24hポイント 213pt
小説 7,360 位 / 140,246件 恋愛 3,471 位 / 43,380件